Microsoft Teams

最終更新日: 2021/10/20

概要

リアルタイムで授業を行うときに、Microsoft の「Teams」というシステムを利用することができます。
札幌学院大学で包括ライセンス契約している「Office365」に含まれているサービスとなり、所属する学生と専任教員はどなたでもご利用いただけます。
また、非常勤教員・職員も利用可能です。

関連リンク: 電子計算機センター | Microsoft Office365

利用方法

サインイン・クラスへの参加

以下のページにサインイン方法を記載しております。
札幌学院大学 moodle | Microsoft Teams へのログイン方法
札幌学院大学 moodle | Microsoft Teams参加方法

アプリの種類

Teamsにはデスクトップ版、アプリ版、ブラウザ版の3種類があります。
推奨環境はデスクトップ版またはスマートフォンアプリ版です。

PCへのアプリインストールの手順は以下のページよりご確認いただけます。
札幌学院大学 moodle | Microsoft Teamsアプリのインストール方法(PC)ファイル

アカウント

遠隔授業で使⽤する際は必ず、⼤学から付与された教育⽤メールアドレスでサインインしてください。
関連リンク: 電子計算機センター | 教育用メールアドレスについて

※Teamsは同じ端末で複数のアカウントに同時にサインインすることができません。
 個⼈⽤アカウントでサインインしている場合は、サインアウトしてから教育⽤アカウントでサインインしてください。

よくある質問

【教員向け】学籍番号以外の表示名のユーザがクラスに参加している

学生が教育用メール以外のアカウントでサインインしている可能性があります。 対象の学生は一度サインアウトし、教育用メールアドレスでサインインしてください。

尚、情報処理課で作成したクラスについては、担当教員と履修している学生を予め追加しています。
教員は教育用メールアドレスでサインインすると、担当科目がすべて表示されます。
学生は教育用メールアドレスでサインインすると、自分の履修している授業のクラスがすべて表示されます。

教員が作成したクラスについては、個別に学生を追加する必要があります。